【正しい靴の履き方】

正しい靴の履き方ご存知ですか?


大きく緩く感じる靴で、歩くと疲れやすいと感じる靴も

履き方を改善することで、靴が足をホールドしてくれて

歩きやすくなることもあります。






・踵から合わせて履きます。

靴は踵からサイズを合わせて設計しています。

靴ベラを使って足を入れてください。

(ちょっとしたことですが踵の型くずれを防ぎます。)

足を入れたら、最初にグッと踵を後ろに合わせてください。

踵が靴の後ろにしっかりホールドされているのを意識してください。

とにかく踵を合わせるということ。

踵がズレることで、足指の痛みや爪や骨変形に繋がりますので

適度に指が動かせるかどうかもチェックして見てください。



・紐靴やベルトがあれば、踵を合わせた後にしっかりしめてください。

痛くならないように調節してください。

足が抜けてしまうような感じが軽減されます。

一手間入れることで歩きやすくなり、疲れにくくなります。

履きやすい靴は脱げやすく、疲れやすい傾向にあります。


・パンプスの場合は、靴の幅の部分でホールドしますので、

かかとを合わせた後でスポッと脱げてしまう場合は、幅が大きすぎる可能性があります。

中敷等での調整が必要です。(靴屋さんやシューフィッターに相談しましょう)



オーダーメイドシューズの場合でも

せっかく採型をして木型を作り、

事細かく採寸をして、ハンドメイドで靴を製作しても、

痛くて気持ちよく履けないから靴箱の肥やしになってしまった。

と言う話はよく聞きます。

当店では必ず、完成してから数ヶ月履いていただき、その後の調整や修理も行なっております。

関連記事

すべて表示
関連記事
特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square